ネガティブな情報に触れる時間を少なくしよう【意味なく気分を下げる必要はない】

皆さんこんにちは!時任です!

最近は暗い話題ばかりが目に入るにゃ
なんだか嫌な気分にゃ

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ
時任
時任

そうですね
こんなときに僕らができる心掛けは何でしょうか

ということで、今回は「暗い話題が横行する現代でストレスを溜めないためにできる心掛け」について書いていきます!


ネガティブに反応するのは仕方ない

先日僕はネガティブの沼に一度ハマり、一日中その沼から抜け出せませんでした。

ネガティブは実にしつこいものです。

更にネガティブなときの考え事は同じことの繰り返しで行動しないので、一歩も前に進むことが出来ません。

どうやら元々人間はネガティブに反応しやすいらしいのです。

以下は、とあるネガティブに関する研究結果です。

John Cacioppo博士の研究で、ポジティブな感情をもたらす写真、ネガティブな感情をもたらす写真、ニュートラルな感情をもたらす写真をそれぞれ被験者に見せながら、情報処理の規模を反映する大脳皮質での電気的活動を記録したところ、ネガティブなものからの刺激に一番強く反応することが明らかになったとのこと。

この研究結果からわかるように、人の脳はネガティブに反応するようになっているのです。

神様、何で人の脳の構造そう作っちゃったんだよと嘆きたくなります、、、

だから、人間ポジティブな事柄よりネガティブな事柄に強く反応してしまうことは仕方のないことなのです。

僕らがネガティブな情報を手にしなければ良いだけ

ネガティブな事柄に触れネガティブにならないための一つの打開策を考えました。

それは「ネガティブに反応してしまうなら、反応しないようにそもそもネガティブに触れなければ良い」という策です。

具体的には、ツイッターやYouTubeでの炎上している話題であったり、芸能人の不倫問題に触れなければ良いと思います。

特に今は「コロナウイルス」について話題が持ちきりですね。この情報に関しては随時得ることが大事ですが、得すぎるのは止めましょう!

どうしてもコロナに関することは暗い話題なので、適度な情報取得が大切です。

暗い話題に触れすぎると自分の気分まで暗くすることになりますから。

過度なネガティブは人を狂わせる

ネガティブは人に少しは必要なものだと思うが、過度なネガティブは人を狂わせることになります。

案の上僕は何度もこのネガティブモンスターに苦しめられてきました。

苦しめられすぎて身体にも悪い影響が出たこともあります。

今まではこのモンスターを倒してやると思っていたのですが、どうやら強すぎて倒せないことに気付きました。

※モンスターハンター2ndGのミラボレアスくらい強いです

戦い続けてもこちらがダメージを受けるだけで勝ち目がないと分かったので、最近は「にげる」を選択しています。

つまりはネガティブと関わらない、無関心でいるということです。

そんな感じで今日もネガティブモンスターから逃げ回っています。

皆もネガティブには関わらず逃げるべきです。

最後に

ネガティブは人から人にも伝染するものです。反対にポジティブも人から人に伝染します。

だからこそ、まずは自分の気分を上げて明るく接することが大切です。

自分を明るくポジティブに保つことで、周りにも良い影響を与えてしまいましょう!

今回の記事が皆のためになれば嬉しい限りです!

それじゃ今日はここまで!またお会いしましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です