人間皆多重人格、それの何が悪い【自分のキャラが分からない方へ】

皆さんこんにちは!時任です!

、、、題名が怖いにゃ。

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ
時任
時任

ごめんなさい(笑)
この表題以外思い付かなかったです。

今回の記事は、「今の自分で良いのだろうか?」「自分のキャラ設定が分からない」などの不安を感じている人に是非読んでほしい内容になっています。

早速本題に入ります!

僕は多重人格

僕は当サイトを使ってブログを投稿しています。

ブログの他には、noteを使って日常漫画を描いたり、ひとりごとを呟いたりしています。

このように色々なコンテンツを使い様々な事柄に手を出しているのですが、1つ気付いたことがあります。

それは「自分が多重人格」であるということです。

ブログを書いているときの自分、日常漫画を描いているときの自分、ひとりごとを発信しているときの自分、全て人格が違うのです。

ブログを書いているときは「悩んでいる人を助けたいという思いが強い正義感が出ている自分」が現れます。

日常漫画を描いているときは「見てくれている人に対して安心感を与えたい自分と承認してほしいという欲が強い自分」が現れます。

ひとりごとを呟いているときは「自分が抱いた疑問や不安や葛藤などを文にして発散したいどこか強気な自分」が現れます。

どの人格もばらばらですが、どれも自分です。

キャラの方向性に迷った話

僕はツイッターにおいて、一時期自分のキャラの方向性が分からくなったことがあります。

丁度その時は、ブログ、日常漫画、ひとりごとを始めた頃でした。

このコンテンツ1つ1つに現れる人格は、先ほど述べたようにそれぞれ違います。

故に、どの自分を軸にしてツイッター運営をしていけば良いのか、ひたすらに迷っていました。

けど答えは至って簡単で、「環境によって現れたい自分は違うから、環境が変われば外に出たがっている自分を出せば良いだけ」だったのです。

それが分かったので、ツイッターにおいて現れたい自分はどの自分なのかを考えた上でツイッターを再始動させました。

すると、運用しづらいと感じていたツイッターが急激にやりやすくなったのです。

人間皆多重人格

ここまで僕の話をしてきて何が伝えたいかと言うと、「人間は皆多重人格で、どの場面に出てくる自分も自分だ」ということです。

A型は真面目、O型は適当みたいなことは今でもたまに聞きますが、人格はそんな簡単ではないと僕は思っています。

場面や環境によって現れる人格は違うのです。

例えば、Aさんと話すときの自分、Bさんと話すときの自分、違って良いのです。

このままの自分は正しいのだろうか、今現れているキャラは本物だろうか、そう思うときがこれから先あるかもしれません。

だけど、どの自分が出てきても悲観的にならなくて良いのです。

どの自分も受け入れてあげましょう。

自分を認めてあげること

先ほど僕は「人間皆多重人格」と言い切ってしまいましたが、あくまでこれは僕の持論あり、恐らく中にはどの相手によってもどの環境・場面によっても人格は変わらないという人もいると思います。

そのような人にとっては中々伝わりづらい内容だったかもしれません。

しかし、覚えといてほしいのは「自分を否定しないこと」です。

自分を否定し始めたら、世界の見え方も変わってしまいます。

「こんなことするなんて自分らしくない」そう思っても自暴自棄になってはいけません。

自分らしさなんて無くて良いのです。

僕なんて環境や場面によってコロコロ人格が変わりますから、自分らしさなんてありません。

自分らしさというのは自分で勝手に決めているただの固定概念なのです。

もし自分が何者か分からなくなったら、まずは今の自分を認めてあげてみることをお勧めします。

そうすることで見えてくる自分の姿がきっとあるはずです。

以上で僕の伝えたいことは全て伝えました。

今回の記事が皆のためになれば嬉しい限りです!

それじゃ今日はここまで!またお会いしましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です