不安な気持ちが増大したときにすぐできる対処法

皆さんこんにちは!時任です!

最近どうしても意味もなく不安になることが稀ににあるのにゃ。
良い対処法はないかにゃ?

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ
時任
時任

そんなネコさんに勧めたい良い対処法知ってますよ!


人間なら誰しも不安に悩まされることがあると思います。

ある程度の不安は大事なのですが、過剰な不安は人間にとって害になり得ることもあるのです。

そして不安な気持ちを放っておくと、自分に不必要な過剰なストレスを与えてしまうことになるので早めの対処が必要です。

ということで、今回は「不安な気持ちが増大したときにできるすぐできる対処法」について書いていきたいと思います!

不安な気持ちに押しつぶられそうなことがあるという人におすすめの内容になっているので、是非とも読んでほしいです!

まずは「過剰な不安は現代の人には必要ないこと」を説いていきます!

過剰な不安は必要ではない


不安な気持ちになることはある程度は大切なのです。

なぜなら、これから先の未来のことについてを不安に思うことで、不安に思っていることが起こらないように前々から準備することが出来るからです。

例えば、明日大事なテストがあるとします。

「明日のテスト不安だな」という気持ちが夜になっても消えません。

なので、教材をしっかり隅々まで確認しました。

そしてテスト当日、昨日の夜に教材で確認したところがたくさん出題され、テストは上手くいきました。

ということが起こり得るので、ある程度の不安は人間にとって大事なことなのです。

対して、過剰な不安は人間に害のあるストレス反応を与えてしまいます。

そもそも、太古から不安を感じやすい人の方が生存に有利だったので、人間の脳の構造は不安を抱えやすいものとなったのです。

昔の人間は他の動物を狩りをしたり、逆に狩りをされることもありました。

故に、他の動物に対して「襲われる危険性があるから近づかないでおこう」といったような不安作用が働いていたのです。

つまり、昔の人間にとっては不安は生死に関わるほど大切なものだったのです。

しかし、現代ではどうでしょう。

他の動物に襲われることもなければ、大規模な戦も日本ではあるわけではありませんから、外敵に襲われて死ぬということは昔と比べたらほとんどないのです。

過剰な不安を抱えることは命に関わらないのであれば現代の人間にとっては不必要なのです。

そうは言っても不必要な不安や漠然とした原因不明の不安を抱えてしまうこともあるはずです。

そんな不安を抱えてしまったときに、できる「不安対処法」があります!

すぐできる不安対処法

すぐできる不安対処法、それは「不安な気持ちを紙に書きだすこと」です!

何でわざわざ紙に書き出さねばならないのにゃ?

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ
時任
時任

良い質問ですね!

まず、自分の思いと言うのは意外と複雑なのです。

なのに、人間の脳は複雑な思いを整理しきれるほど高性能ではないのです。

だから、漠然とした不安の原因が何なのかさえも自分自身が理解できていないことがあるのです。

ここで勘の良い方はもうお分かりかもしれませんが、不安の原因が明確に脳で判断できないから書くことで不安を整理することが大事なのです!

では書く前の心の準備と書く手順を簡単に紹介しますね!

  • 不安だなと感じたら「これは自分にとって本当に必要な不安なのか」問いかける
  • 必要である、と感じたらそのために何をすべきか考え実際に行動に移す
  • 必要ではないと判断したら、ペンと紙を用意する
  • そして思うままに、今感じている負の感情や不安を書きだす
  • 書ききって冷静になったら、なぜ自分が不安なのか書いて原因を整理してみる
  • 原因が分かったら、原因を解消するために何をすべきか考えこれから行動に移すことを紙に書く
  • 書き終わったら紙を破り捨てる


②の必要な不安とは、例えば前章の冒頭で紹介した例えの「明日テストがあるから勉強せねば」といった不安です。

勉強しなければならないという明確な考えがあるなら、あとは実際に行動に移すだけですからね。

大事なのは④です!今持っている不安を全て書ききってください!

負の感情や不安をを抱えたまま、頭で不安の原因を探ろうとしても納得できる原因は探れないし気持ちは下がる一方になってしまいますから。

原因を知ったあとは行動に移すだけです!

また不安を書きだしたことで、自分が抱えている不安とその原因が意外と大した事ではなく行動するまでもなかった場合は、既に気持ちの整理もついたはずですし⑥はとばして紙を思いきり破りゴミ箱に全力で捨てましょう!笑

それだけやれば十分です。書いた次の日には不安も晴れているはずです!

以上がすぐできる不安対処法です!

最後に

ここまで不安対処法について書いてきましたが、大事なのは「人の脳の構造上不安を過度に抱えてしまうのは仕方ない」という知識を持っていることです!

このことを知ってるだけでも、不安を抱えてしまった時でも気分が下がりづらくなるものです。

「また自分不安抱えてるよ、死ぬわけじゃないのに笑」こんな心づもりでいれば、脳も学習して不安の警戒を解いてくれるかもしれません。

不安の付き合い方、上手になっていきましょう!

少し話が逸れましたが今回はこんなとこで終わりにしますね!

時任よ、話が逸れるのは毎度のことじゃろ。

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ
時任
時任

、、、ノーコメントで!笑


今回の記事が皆さんのためになれば嬉しい限りです!

それじゃ今日はここまで!またお会いしましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です