自分の居場所の大切さ【孤独を感じている大学生に向けて】

皆さんこんにちは!時任です!

今日は普段から仲が良い野良猫グループと集会してきたにゃ!

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ
時任
時任

おお!楽しそうですね!
コミュニティがあることって大切ですよね。

皆さんには自分の居場所がありますか?

いざというときに自分の居場所があるってことは本当に大切なことです。

しかし大学は孤独になりやすい環境が自然と作らています。

ということで、今回は「大学生に向けた自分の居場所の大切さと見つけ方」について書いていきたいと思います!

自分の居場所が見つからない、自分の居場所がないと感じている大学生におすすめの記事です!

人間、孤独には勝てない

突然ですが、皆さんNARUTOという漫画は読んだことありますか?

もし読んだことがなくても専門的なことは話しませんので、安心して読み進めてください笑

NARUTOには我愛羅というキャラクターが登場するのですが、我愛羅の名言を1つ紹介させてください。

「己にとって大切な者が必ずしも“善”であるとは限らない。
 たとえそれが“悪”だと分かっていても、人は孤独には勝てない・・・。」

この言葉は、悪の存在に洗脳された君麻呂というキャラクターを見て我愛羅が放った言葉です。

君麻呂は、元々村の中でも友達も家族もいなく孤独だったのですが、悪の存在にこの孤独に付け込まれて、いつしか悪の存在を心から崇拝するようになっていきました。

人間孤独にはどうしても勝てないのです。

自分の居場所を持つべき理由

前章で、君麻呂というキャラクターが孤独に付け込まれ悪に洗脳されたということを書きましたが、これは現実でも起こり得る話です。

例えば、大学生を狙った悪徳商法や詐欺。

大学生というのはどうしても孤独になりやすいものです。

中学校・高校と今まではクラスや部活動があり自然と友達や仲間が作られていくものの、大学生になると急に自主的に行動することを強要されます。

積極的に自分から声を掛けられる人は友達もすぐにでき居場所も見つかるでしょうが、積極的に動けないという人も多いはずです。

周りには友達が出来ているのに自分には友達がほとんどいないという焦りや不安が生まれ、学校に行く気力も失せてしまうという人もいるでしょう。

このように大学と言うのは、孤独な人を生みやすい環境にあるのです。

そこを狙うのが悪徳商法や詐欺です。

孤独感や不安に付け込み、契約を結ばせるのです。

実際、僕が大学在学中の頃、知り合いが悪徳商法の被害にあったのを目の当たりにしたことがあります。

僕に「一緒に~ビジネスやらないか? ~さんという人に誘われたんだけど、このビジネス利益がたくさん発生するんだって! 初期投資は~万円で済むんだよ!」というラインが、その知り合いから来ました。

あまり話したこともない知り合いだったのでスルーしましたが、内心では「完全に悪徳商法に摑まってしまったな」と思いました。

ここまで話して何が言いたいかと言うと、悪から孤独に付け込まれないためにも自分の居場所は持っておくべきということです!

自分の居場所を見つけるためにできること

自分の居場所を見つけるためには何をすべきなのじゃ?

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

では、その対策を2つ紹介してきましょう!

それでは1つ目!

サークル活動に所属すること

意外と大学生になってもサークル活動に入らない人が多いのは事実です。

しかし、入らないのは実に勿体ないと僕は思うのです。

正直サークルの内容なんて何でも良いので、サークルに所属することをお勧めします。

僕自身、大学在学中はサークルに所属していました。

サークル活動の内容は「空手」という今まで全くやったことがない分野でした。

しかし、活動していくうちに空手の面白さを感じることができました。

空手の面白さを知れたことはサークルに入って良かったと思ったことの一つですが、何よりの一番良かったと思うのは「仲間(友達)」ができたことです。

社会人となった今でもサークルでできた友達とも連絡は取りあっていますし、一緒に旅行にも行きます。

もしサークルに入っていなかったらこんなことも出来ていなかったでしょうし、友達もほとんどいない生活を送っていたと思います。

時任はサークルに入ることで自分の居場所が1つ見つかったのじゃな。
しかし、もし入ったサークルが雰囲気と合わなかったらどうすれば良いのにゃ?

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ
時任
時任

そしたらすぐにサークルを辞めてください!

?!
サークル辞めてしまったら、それこそ孤独になるではないか!

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ


そうならないために、サークル活動には最初は複数入っておきましょう!

僕、実はサークルには当初3つ所属していました。

しかし、3つ中2つは雰囲気が合わなかったのですぐに辞めました。

勿論、自分の居場所が複数あることは心の余裕にも繋がりますのでサークルを辞めないのがベストでしたが、無理して居心地の悪いところにいても何の得にもなりません。

サークル活動は入ってみたら「思っていたのと違った」という現象はたくさんありますので、とりあえずは複数所属しておきましょう。

続けるか否かは、入ってから決めれば良いのです!

また、辞めたサークルの中にも今でも交流が続いている友達だっていますので「とりあえず入ってみる精神」が大切です。

それでは2つ目の対策!

SNSにおいて趣味のアカウントを作ること

僕はツイッターにおいて、趣味のアカウントを持っています。

このアカウントには、共通の趣味を持った人たちが集まっています。

趣味のアカウントで知り合って直接会った人は何人かいましたが、共通の趣味で話は盛り上がるのでプライベートな話はしなくて良いのです。

また、自分には帰って来られる居場所がある・孤独ではないという認識をすることが安心に繋がりますので、
直接会わなくても(むしろ会わないという方がほとんどだと思いますが)全く問題ありません。

適度な距離感を保ちながらも自分の居場所は持っておきたいという方には、趣味のアカウントを持つことをお勧めしますよ。

おわりに

僕は極度の人見知りですので、大学生活ではそこまで友達の多い方ではありませんでした。

しかし、少ない友達のお陰で支えられたし、自分の居場所が学校にあったからこそ大学にも通えていたのだと思います。

「学生は勉学が本分だ!」みたいなことはよく耳にしますが、孤独に押しつぶされたら元も子もないのです。

仲間や友達に支えられるからこそ、大学に行き勉強を頑張れるのだと思います。

まずは、新たなコミュニティに一歩踏み出してみましょう!

そうすればきっと信頼し合える人と巡り合えますから。

今回の記事が皆さんのためになれば嬉しい限りです!

それじゃ今日はここまで!またお会いしましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です