実はHSPの中にも種類がある!HSS型HSPの人に伝えたいこと

こんにちは、当サイト管理人の時任です!

個人が尊重されるようになってきた昨今、HSPという言葉の知名度が上がってきました。

人一倍敏感で繊細な人を指すこのHSPですが、実はHSPの中にもHSS型HSPという種類があることを皆さんは知っていましたか?

HSPの中にも種類があるのか!
知らなかったにゃ!

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

ネコさんのように知らなかったという人も多いのではないでしょうか?

ということで今回は「HSPの中に存在するHSS型HSPという種類とその特徴、HSS型HSPの方に伝えたいこと」について書いていきたいと思います!

※もし「HSPとは何か」知らないという人がいましたら、こちらのブログ記事で詳しく解説を書いているので良かったらご覧ください!

HSPの中の一つの種類・HSS型HSP

HSPは、簡単に説明すると「生まれたときから繊細かつ物事に敏感な性質を持った人」のことを指します。

このHSPは、5人に1人いると言われています。つまり人工の約20%を占めます。

そして、HSPの気質を持った人の中の30%にHSS型HSPが存在するのです。

HSS型HSPとは、「外交的でアクティブなのに、繊細で物事に敏感な性質を持った人」のことを指します。

アクティブなのに繊細・・・随分と苦労しそうな気質にゃ。

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

そうなんです。

HSS型HSPは、外交的で良く行動するのですが、周囲からの刺激を敏感にたくさん受けるので生活する上で物凄く疲れやすいのです。

HSS型HSPの苦しさ

実は、僕自身HSS型HSPです。

最近になって僕はHSP型HSPの存在を知ったのですが、HSPではあるがどこか違うような感覚を持っていたのです。

積極的に色々な物事に取り組んでいるのに、急にドン底までテンションが下がって深く傷つく。傷ついたのに、また新たなことに取り組もうとする。

そう、まさにHSS型HSPだったのです。

正直言ってHSS型HSPはたくさん辛い思いをします。

好奇心旺盛でたくさんの人と関わりたいし色々なことに挑戦したいのに人より傷つきやすく生きづらい、自分の中に大きな矛盾がずっとあるのが苦しかったです。

「何で自分はこんな些細なことで傷ついているのか」
「前に進みたいのに苦しくて進めない、けど進めないのは自分のせいだ」
「自分の性格が大嫌いだ」

こうして自分を責めることは、人生の中で数えきれないほどありました。

もしHSS型HSPの方でこの記事を見ている人がいたら、恐らく自分と似たような苦しみを抱えていると思います。

HSPやHSS型HSPは決して病気ではありません。生まれ持った気質特性です。

だからこそ、どうあってもこの気質を無くす手立てはありません。

少し暗い話をしてしまいましたが、最後に次の章でHSPやHSS型HSP含めそうでない人にも伝えたいことがあります。

繊細すぎて生きづらい ~私はHSP漫画家~【電子書籍】[ おがたちえ ]

価格:660円
(2020/5/18 11:23時点)

同じ苦しみを抱えた人はたくさんいる

HSS型HSPはHSPの中の一つの種類として存在しますが、全人口の6%もいます。

一見6%って少なく感じますよね?

けど、日本の全人口は1億2000万人、その6%は720万人です。

そう、720万人の仲間が日本いるのです!

そう思った瞬間、自分の心は少し軽くなりました。

HSPやHSS型HSPの方に伝えたいのは、同じ苦しみや辛さを知っている仲間がいることを忘れないでほしいということです。

そして、HSPやHSS型HSPの存在をいつか世の皆さん全員に知ってもらいたいです。

そう思って今回の記事を書きました。

いつか本当の個人を尊重できる時代になることを願います。



今回の記事によって誰かの苦しみを少し和らげることができていたら嬉しいです。

それじゃ今日はここまで!またお会いしましょう!

Follow me!

実はHSPの中にも種類がある!HSS型HSPの人に伝えたいこと” に対して2件のコメントがあります。

  1. 佐々木 より:

    こんにちは。私が間違えていたら、すみません。最後の人口の6%の計算ですが、宜しければもう一度計算しなおされてみてください。

    1. tokitou より:

      こんにちは!

      ご指摘いただき、本当にありがとうございます!
      確かに明らかに数値が違いますね。直しますので少々お待ちください。

      良かったら、また時任の部屋にいらしてください!

佐々木 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です